ごあいさつ

中央執行委員長 佐々木啓真 ダイエーユニオンは、上部団体をUAゼンセンとし、民主的な労働運動を基本とした、自主的な組織として活動しています。総組合員数は16,097名(2016年9月現在)であり、その多くはパートタイマー組合 員で構成されています。また、皆さんの職場には、182(2016年10月現在)の「支部」を設置しており、支部長をはじめとする支部執行委員が中心となり、支部の活動を行なっています。


 ダイエーユニオンは、組合員の皆さん一人ひとりの幸せ実現、つまり労働条件の維持・向上や働きがいのある職場環境をめざし、日々活動に取り組んでいます。政労使で確認された生産性運動三原則①「雇用の維持とさらなる拡大」、②「労使の協力、事前協議の徹底」、③「成果の公正分配(得られた利益は経営者・労働者・消費者に適正に配分すること)」に則り、健全な労使関係のもと、活動を展開しています。


 さて、(株)ダイエーを取り巻く環境は大きく変化しています。2014年9月、ダイエーは、イオングループのSM企業の中核を担う企業へと転換し、首都圏と京阪神を中心に事業展開を行なう企業に生まれ変わることとなりました。ダイエーに課せられた使命は、イオングループの中で「フードスタイルストア※略称FSS」(都市居住者向け直営・テナントが融合した食品特化フォーマット)と「都市型SM」(即食・中食を強化した都市型SMフォー マット)の事業を確立することです。
 今後、イオングループのスーパーマーケット業種の中核を担う企業へ成長するために、労使対等の原則と信頼関係のもと生産性向上をめざし、地域に必要とされる店舗づくりを進めていきます。

 ダイエーユニオンの日常活動は、組合員の皆さんがプライベートを充実させるためのイベント活動、また、施設訪問ボランティアなどの社会貢献活動、仕事や生活の中で発生するトラブルを解決するための相談窓口(なんでもダイヤル)の設置、そして組織としてのマスメリットを活かした共済制度など、様々な活動に取り組んでいます。これらの活動は、組合員の皆さんの自主的な参加・参画によって成り立っています。


 これからも、組合員の皆さん一人ひとりの幸せ実現をめざし、労働運動や組合活動を展開してまいりますの で、ダイエーユニオンが行なう様々な活動へのご理解とご協力の程をよろしくお願いいたします。